楽しく行こう!アニメと一緒に♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 「PSYCHO-PASS」サイコパス

<<   作成日時 : 2013/04/05 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年10月から今年3月まで
フジテレビ「ノイタイナ」枠で放送されていた

「PSYCHO-PASS」サイコパス

を紹介します。

珍しく2クールで制作された作品、全22話。

この作品制作人達がすごかったらしい(後で知ったケド)

アニメーション制作はPRODUCTION I.G

独特の世界観がある作品で
絵もきれだし、
それに音楽がめちゃカッコイイ!!
すごいテンションが上がる。

中でもお気に入りなのはこの2曲
EGOISTのイントロはほんとカッコイイ
SupercellのRyoさんはホントいい曲作るよなぁ

第2クールのオープニングは映像もすげーいい。
興味のある方は聞いてみてください。


第1クール ED 「名前のない怪物」/EGOIST



第2クール OP 「Out of Control」/Nothing's Carved In Stone




◆ストーリー概要◆


犯罪の少ない、より良い世の中を目指し、
個人の適正や精神状態を数値で表すことが
可能な「シュビラシステム」という
監視システムによって管理された未来の話。

この数値は総称して「サイコパス」と呼ばれている。

数値の中には「犯罪係数」と呼ばれるものがあり、
街中に設置された監視システムによって
犯罪を未然に防いでいる。

犯罪係数はいくつかの段階に色分けされており、
これを「色相」と呼んでいる。

犯罪係数が上昇しはじめるとより犯罪を犯す傾向に
なるということで、セラピーなどで数値を安定させる。
が、一定の数値を超えた場合には犯罪を犯していなくても
犯罪者としてシステムに認識され逮捕を余儀なくされる。

国は犯罪係数を上昇させないため、
街や生活環境などから
悪影響を及ぼすとされるものを排除し、
「ホログラム」という空間投射技術を使って、
精神衛生を保っている。

職業も自由に選べず、
個人の数値によって適正判定される。

この物語に登場するのは
「公安局」と呼ばれる、今でいう警察官のような
仕事をしている人達。

ある猟奇的殺人事件をきっかけに
皆が過去を思い出すことになる。

かつて同僚であった一人が職務中に殺された。
死体をオブジェのように飾りつけるという奇妙な
手口がよく似ていたからだった。

逮捕されたはずの犯人とは別に
真犯人が?
そこで浮かび上がったのは当時
殺された同僚が最後まで追っていたとされる謎の人物だった。


**********************************************************


物語の中心になるところをざっくりと説明してみましたが、
これは導入部分です。

大きなテーマとしては「人として」とか「正義」といったもの
かなと思います。

システムに管理された世界ではありますが、
だからこそ、「人間味」みたいなところが
際立って見えるのかもしれません。

うまい作り方ですよね。

未来設定とはいえ、
そこまで現実とかけ離れた設定とも思えなくなってきた。
あと何年かしたら本当にこうなるのかも・・・

余談ですが、
公安局のメンバーで
主要キャラである
狡噛 慎也(コウガミシンヤ)役の関さんの声がいい。
あんな人いたらマジで惚れるわ


名前のない怪物
SMR
2012-12-05
EGOIST

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 名前のない怪物 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




小説 PSYCHO-PASS サイコパス (上)
マッグガーデン
深見真

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小説 PSYCHO-PASS サイコパス (上) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


***** News *****

テレ東「こえ恋」声のみ出演

*****************

実写化決定

*****************

↑↑孝宏くん出演↑↑
「PSYCHO-PASS」サイコパス 楽しく行こう!アニメと一緒に♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる