楽しく行こう!アニメと一緒に♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 絶園のテンペスト

<<   作成日時 : 2013/04/05 18:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「この世の関節は外れてしまった。
ああ、なんと呪われた因果か、それを直すために
生まれついたとは!」

                  「ハムレット」/シェークスピア より


本作3月で終了しておりますが、

TBSの深夜枠で放送していた

「絶園のテンペスト」を紹介します。

ガンガンで連載していたのは知っていたんですが、
ちゃんとした内容は全然知らず、
アニメ化が決まったということで、
なかなか面白い作品なんだろうなと期待しておりました。

序盤は何となく複雑で世界観についていけなかったのだが、
物語が進むにつれどんどん面白くなってくる感じの作品です。

舞台は現代であるが、
非日常的なところは魔法使いが存在するところ。

といっても魔法少女的な作品ではありませんが。


◆概要◆

そもそものはじまりは
登場人物の一人である「不破真広」(高校生)の義理の妹
「不破愛花」が謎の死をとげたことにあった。

他殺なのか自殺なのかわからず、事件は謎を残したままだった。
事件から1か月ほどたった頃
真広は海でどこからかたどり着いた瓶を拾う。
それには木で作られた人形と手紙が添えてあり、
「この世に魔法使いがいると信じる者、この人形に釘をさせ」と書かれていた。

その瓶を流したのは「鎖部葉風」という人物で、
この世の理をつかさどる「はじまりの木」の加護をうける魔法使いの姫宮であった。

一族の陰謀により孤島に置き去りにされたというこの姫宮。
妹を殺した犯人を魔法で探しだすことを条件に真広はこの姫宮に協力することになる。

真広の幼馴染であり、兄は知らないが妹(愛花)の彼氏である「滝川吉野」。
事情を真広から聞かされ、どんどん巻き込まれていくことになる。



*****************************************************************


物語が少し複雑なので、うまく説明できないのだが、
シリアスな中にもコミカルなところがあったり、
現実的なとこ非現実的なところがあって楽しい。


作品中に度々引用される「ハムレット」と「テンペスト」。

これもまた作品をより引き立てる要素のひとつ。
何より自分よく知らないから余計に興味をそそられる。

道理に合わないことを忌み嫌うというのが真広の性格なのだが、
自分もかなり理屈っぽい方だけど、
面倒だなって思いながらも意外と嫌いじゃなかったりする。

結局は事件を紐解く上で、
そのこだわりがあるからこそ
より答えを導き出せているからかもしれない。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


***** News *****

テレ東「こえ恋」声のみ出演

*****************

実写化決定

*****************

↑↑孝宏くん出演↑↑
絶園のテンペスト 楽しく行こう!アニメと一緒に♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる